現場記者コラムColumn

伊東競輪 現場記者直前情報
現場記者直前情報7月5日更新9レースチャレンジ決勝インタビュー(開催前日及び決勝前日のみ更新)




仁藤  秀(静岡)117期

 番手に粘る競走は予定にはなかったが、気持ちが入って粘る形に。思ったより自転車が出なくて、ああいう展開になると脚を使うんだなってわかりました。でも番手に粘ってよかったなと思ってます。決勝は長田君。



佐藤 礼文(茨城)115期

 打鐘で引いたのは反省点。何回も引いたり止めたりで最後は一杯でした。自分の九連勝より連日動きがいい中村君を単騎にする方がよくないことだと思うし中村君にマークします。



長田 龍拳(静岡)117期

 前回の伊東の決勝のぶんまで今回の決勝は頑張りたい。逃げ切って優勝が一番いいけど、僕か仁藤さんのどちらかが勝てるように。



藤田 周磨(埼玉)117期

 初日の長田君が強いレースをしたので気合が入ってました。展開や作戦は思った通りです。捲られて二着になったのは脚がないから。脚を付けるしかない。ラインが長いし積極的に。



寺沼 伊織(東京)115期

 重たかったし三車併走はきつかった。中団狙う競走にすればよかった。藤田君目標です。



中村 隆生(栃木)117期

 同期が相手だったし初日より気合いが入ってました。二着に粘れたけどツメの甘さが出た。決勝は気持ちを切替えて頑張りたい。先行基本の競走です。



秋葉 大輔(東京)90期

 三番手に誰かいると思って内は締めていた。練習の成果が出てると思います。初連係の寺沼君に任せて埼京の三番手回ります。