現場記者コラムColumn

伊東競輪 現場記者直前情報
現場記者直前情報11月18日更新12レースS級決勝インタビュー(開催前日及び決勝前日のみ更新)




萩原 孝之(静岡)80期

 鈴木君の巻き返しが早めでしたね。でも、前と合ってしまう所で仕掛けてしまったみたいで。自分はある程度余裕もあったし、コースを探しながら切り替えて突っ込めました。脚の状態は悪くないと思いますよ。ラインの神奈川勢がいるし、南関三番手で頑張る。



島川 将貴(徳島)109期

 準決は普段なら負けパターン。でも、外併走で脚をためて、一発に賭けて仕掛けてみました。初日の後セッティングをいじったらアタリが出て、感じはよかったですよ。決勝は六月の京王閣以来だから久しぶりですね。コマ切れ戦は脚質向きかな。自力で頑張ります。



内藤 宣彦(秋田)67期

 準決勝は作戦通りのレースになりましたね。やり合っても仕方ないし、中団からの組み立てでいこうと。連日重いのは重いけど、脚は初日よりもよくなってますよ。決勝はもっとよくなってくれればいいですね。コマ切れになりそうだし、準決勝同様に金子君に任せていきます。



広田 敦士(三重)107期

初日よりもバンクは軽かったし、風も気にならなかったですよ。でも、連日内容がよくないですね…。S級の決勝は初めてです。来期はA級に落ちてしまうので。せっかく乗ったんだし、単騎でも自力で力を出し切るレースをしたい。



大塚  玲(神奈)89期

道中前との車間が空いてしまったけど、追い付いてからは楽でしたよ。初日はレース勘がイマイチだったけど、二日目はだいぶよくなって来ました。決勝はもっとよくなっているはずです。こんな状態で決勝に乗れただけで十分だし、初日同様桐山君に全て任せていく。



松岡 孝高(熊本)98期

中西君と島川君で踏み合いになっていたしね。展開がよかった。周輝との併走は気にならなかったですよ。普段からそういった練習もしているので。伊東は前回来た時はダメだったけど、今回は体の状態もいいし感じよく走れてます。でも、出来過ぎですよね。決勝は島川君の番手で。



金子 哲大(埼玉)95期

嶋津さんも取鳥君もいたし、やり合うよりは中団から組み立てようと思って。でも、普段やらないレースだから難しかったですね。桐山さんにも見られていて仕掛けが遅くなってしまったし、自分だけのレースになってしまった。また内藤さん付くし、自力でいきますよ。



岸川 哲也(大阪)105期

中西君がいいレースをしてくれたお陰。自分にはあのレースは出来ないし流石ですよ。でも、島川君と踏み合っていたし、松岡君もいいスピードで捲って来ていたしで残すのは無理でしたね。まあ、慣れない番手回りでよくやった方かな。S級の決勝は初めて。ここは単騎で自力勝負。



桐山 敬太郎(神奈)88期

ホームくらいで取鳥君が来たら、番手をどかして嶋津君を迎え入れてもよかったけど。一本棒の展開で、打鐘から全開だし番手から出るしかなかった。以前嶋津君と連係した時は自分が失格したけど、今回は決勝に乗せてもらってよかった。南関の先頭で総力戦でいきます。