現場記者コラムColumn

伊東競輪 現場記者直前情報
現場記者直前情報6月17日更新10レースA級決勝インタビュー(開催前日及び決勝前日のみ更新)




関根 健太郎(神奈)100期

 宮崎さんとは初対戦ですけどダッシュがすごかった。初日逃げ切ってるし、点数以上の力があるから気を付けないと。今回はS級の点数がかかっていたので、準決の一着は大きいです。高橋さんのアドバイスは的確だし、仕事はすごいし初連係だけど安心して駆けられます。



吉松 直人(高知)90期

 準決は宮崎さんのおかげです。宮崎さんは強いです。準決、バックでの判断が難しかった。直線では前を抜きたかったが。着は良いけど自分としては物足りないです。上で戦っていくには番手の走りとか色々な課題もあります。



北野 良栄(愛知)95期

 準決はホント守谷さんのおかげです。川上君にブロックされて諦めかけたが守谷さんの「諦めるなーー」って声で復活しました。調子が悪い時はVTRを観ると仕掛けたタイミングが自分が思ってるのとズレがある。



中村 弘之輔(北海)109期

 二分戦だし一回前に出ようと思った。3コーナーでいつも通り脚は一杯。後ろの二人に勝ってもらえばいいって気持ちでいた。自力出して準決突破したのは二回目。決勝に乗れたのは嬉しい。コマ切れだけど積極的に自力。



川上 真吾(東京)98期

 北野さんが前受けしたし駆けてどこまで粘れるかと思っていた。北野さんがちょうどいい所で捲ってきたのでブロックできたと思う。力がない分、そういう競走で補っていかないと。脚の状態自体はいいと思うし、単騎なので臨機応変にやりたい。



宮崎 一彰(高知)99期

 捲られたけど後ろがしっかりしてるし、何も考えずに仕掛けられた。今まではこんなに踏めなかったし、最近はだいぶ脚が上がってきてると思う。決勝は今年初です。決勝も自力で頑張りたい。



守谷 陽介(岡山)87期

 北野君がバックでブロックもらって諦めかけたが「諦めるな!」って声をかけたら北野君が復活したので良かった。追い込み型は内を差していくが俺は自力型だし北野君の気持ちがわかるので外を踏んだ。余裕があったし伸びた。決勝も北野君。



鈴木 規純(福島)75期

 33バンクって先入観があって少し焦りがあるのか余裕がない感じ。準決は2コーナーで高橋君が後ろにいたのが分かったので内は開けられないし、車間斬って自分ができる事はやった。二日間中村君を抜けてないので。



高橋 雅之(千葉)90期

 自分としては飯田君の動きを何度か待ったし、スイッチできると判断してスイッチしました。ただ飯田君には申し訳ないことをしました。今日は関根君を目標で頑張ります。